歩道橋の月

アクセスカウンタ

zoom RSS 三ヶ日サマーコンサート

<<   作成日時 : 2013/07/22 00:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今日は早く目覚めました。
大切な日だから。

初対面なのにとても親切なプロのピアニスト
田中恵子先生が浜松駅まで迎えに来てくださいました。

1時間あまりの道中、
いろんなお話ができました。
演奏活動でお忙しい田中先生は、
高齢化する過疎地域に自分ができることがないか、
といろいろ考えて活動をされているとのことです。
自分でお金をためて、プロの声楽家を連れて、
クラシックコンサートにいくことのできない
高齢者に向けて、コンサートを行っているそうです。
もちろん無料。ミカン箱の上でもやります、というコンセプト。
歌い手には普段見ることのできない衣装も着せて
歌のミニコンサートを開いているのだそうです。
「北海道でそういうところない?」
先生はいいます。
「ありますあります。北海道は過疎地域がいっぱいです」
そんなことで、いつか私は田中先生をお招きするプロデュースしたいと
思います。
深い一時間でした。
素敵なピアニスト。出会えてよかった。

会場につくと、浜松市歌のリハーサルです。
わたし、久しぶりに合唱に参加しました。
ひそかに練習していました。自宅で。
楽譜ダウンロードして。
いい歌ですね。歌えて満足。

さてさて、サマーコンサート。
13団体の演奏。
これだけ並ぶと個性がでますね。
楽しんで音楽を作っているところ、
より上質な音楽を目指しているところ。
さまざまです。
指導者の色やメンバーによってそれぞれの
「色」が並びます。
それだけでも楽しい3時間でした。

私の作品は、このコンサートでも最後の最後。
みんなで歌う浜松市歌を除けば、本当に最後の歌となっていました。
正直、みなさんが一生懸命つくってきたコンサートを
私の曲で締めていいのか・・・という思いはありました。
でも、そんな思いはまきの木コーラスと特別部員のみなさんが
簡単に吹き飛ばします。

見事でした。
いい演奏でした。

「愛する大地、この上で」
愛する大地の上で、僕たちは命を選択した。
どんなにつらいことの渦中にいても
「いきていてください」
そのメッセージは伝わりました。
これだけ人生の先輩たちが気持ちを込めて伝えたメッセージ。
その力強さと自信に満ちた歌声。
ここまで作り上げてくださるとは夢にも思っていませんでした。
それが昨日のリハで聞いて驚き感動し。
そして本番。本番効果でさらに思いのこもったメッセージで
会場が包まれました。
まきの木コーラスと特別部員の皆さんが初演してくれてよかった。

春が来たよと
去年は作品を形にするので必死でした。
でもそれでもうれしかった。
しかし、今年のまきの木コーラスは違います。
1年かけて、この曲とじっくり向かい合ってくれました。
描かれている世界が目に浮かびます。
そして、ことばひとつひとつがしっかりと伝わります。
この曲のメッセージを伝えたい、というみなさんの気持ちが伝わります。
素晴らしい演奏でした。

松岡先生の解釈やまとめかた、
そして田中先生の歌っているような、そして情熱的なのに
しっかりうたを支えるピアノ、
まきの木コーラスと特別部員のみなさんの
チャレンジ精神。
うまくかみ合っていましたね。

打ち上げに誘ってただきました。
畑の中にある喫茶店。
今年はみなさんにお礼がいえました。
みなさんから
「難しかった」という言葉をいただきました。
それでもこれだけ歌えたのです。
難しい曲をクリアできたのです。
もっと自信をもっていい合唱団です。
ただ。みなさんの言葉を聞いて、
もう少し、みんなが楽しめる、歌いやすい曲を
かける作曲家にならなければ、と思いました。
私も勉強します。

少しするとカラオケが始まりました。
みなさん、上手。聞きごたえのある歌を歌われます。
みなさんすごいのですが、
バリトンのプロ、夏目悠司さんの歌う
「宇宙戦艦ヤマト」は思わず録画してしまいました。
わたしも歌うはめになり
せっかくなので札幌の歌をうたいました。
「虹と雪のバラード」
お恥ずかしい限り。
最後は私のリクエストで、
みんなで浜松市歌をアカペラで歌って締めました。
お店のかべにカエルがたくさんいました。
子供のころ以来、カエルにさわりました。かわいい!

そのあと、飲み足りない私のことを思って
kibbinosatoさん、部長さん、副部長さんが三ヶ日の町で
飲みに付き合ってくださいました。
三ヶ日のまちはお祭りだったんですね。
にぎやかで、出店がいっぱい出て、楽しい夜でした。
みなさんに歌っていただけて本当によかった。
この町は私の第2のふるさとである。
また来たい。
その3つのテーマを言葉を変えながら一生懸命伝えている
自分がいました。

日付がかわりました。
今日は札幌に戻ります。
また現実と向かい合う日々が始まります。
でも、みなさんが頑張ってこの歌を歌ってくれたように
私もがんばれそうな気がします。
浜松。三ヶ日。
来てよかった。
またお会いできる日を楽しみにしています!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 札幌からご来訪される綾部さんに何かお返しをしたい、
そんな想いに包まれた数か月でした。
答えは合唱への参加でした。
今日は合唱した体験から、酔いに任せ、傲慢にも創作へ注文を着けてしまいました。
 寛容に受け止め、饒舌にお話し頂いた綾部さん、有難う御座いました。
 今日は遠州を代表するピアニストの伴奏で合唱し、初演という歴史的な合唱に参加出来、
幸せを感じた一日でした。
kibinosato
2013/07/22 00:45
遅くまでお付き合いいただき
ありがとうございました。
kibinosatoさんのご意見は
歌っている立場からのご意見です。
それに気付かない作曲家の問題ですね。
ありがとうございました。
ちょっとの配慮で歌いやすさが変わるのなら、
もう少し楽譜の書き方、配慮すればいいのですね。勉強になりました。
恩返しはわたしがしなければならないところ
ごちそうにまでなってしまい恐縮です。
しっかり甘えましたけれど(笑)
わたしも初演の重みをかみしめてみなさんの
演奏を一体となって見守りました
うれしかったです。
また、ぜひ飲みましょうね。
浜松にいく理由を作りますね。
kazaguruma
2013/07/22 00:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
三ヶ日サマーコンサート 歩道橋の月/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる