アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
歩道橋の月
ブログ紹介
北海道在住の日曜作曲家 綾部潤和のブログです。
主に舞台音楽やBGMの作曲を得意としていますが
最近はボーカルもののアルバム作りも楽しんでいます。
どうぞよろしく♪

kazaguruma68@@mcn.ne.jp
宛てで直接連絡が取れます。
@はひとつ少なくしてくださいね。
zoom RSS

ありがとうございました。

2014/07/05 13:24
三ヶ日、まきの木コーラスの皆さんからみかんの贈り物が届きました。
オレンジコンサートの演奏も順次楽しんでおります。
来年はぜひ皆さんと再会したいですね。
ありがとうございました❗
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


オレンジコンサートin三ヶ日!

2014/06/30 20:36
今年は残念ながら伺うことができませんでした。
三ヶ日サマーコンサート改め
オレンジコンサートin三ヶ日。
まきの木コーラス主催のこのコンサートは今年6月開催となりました。
盛況だったようです。いろいろな便りが届きます。
松岡先生、S先生、kibibosatoさん。ありがとうございます。
youtubeで聞かせていただきますね。
そして、来年こそはぜひ、三ヶ日での再会を楽しみにしております。
打ち上げでの写真を一枚。
私が贈った「オレンジ」の花。うれしい写真です。
画像
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


なかなか更新できなくて

2014/03/15 22:06
ごめんなさい。
綾部舎企画プロデュース公演
「音・語り」のメイキングが
綾部舎企画のFacebookでみることができます。
https://www.facebook.com/ayabeyakikaku
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


チケット販売開始

2014/02/09 20:50
音・語り公演のフライヤとチケットが届き、三回目の企画会議。
各所に配るために仕訳をしたり、チケットにナンバリングしたり。管理するためにいろいろやることあるんだな。
制作のスタッフのみなさんが私の夢の実現を具体化してくれます。感謝感謝。
明日からチケット販売はじまります。

ちなみに綾部舎企画のFacebookです。
ごらんください。
綾部舎企画の歌も公開中です!
https://www.facebook.com/ayabeyakikaku
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


宣伝も開始。

2014/02/04 22:08
綾部舎企画の綾部です。

綾部舎企画プロデュース公演
「音・語り(おとがたり)〜フルートとギターにのせて〜」が
観光文化情報ステーションSAPPORO のイベント情報に掲載されました!
来週からチケット取扱いも始まります。
スケジュールをあけておいてくださいね。
https://www.sapporo-info.com/eventDetail.php?event_code=55270
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


本日解禁!

2014/01/11 19:28
綾部舎企画プロデュース公演
「音・語り(おとがたり)」
~フルートとギターにのせて~

2014年3月29日(土)16:00
2014年3月30日(日)11:00  14:00
札幌市こどもの劇場やまびこ座
(札幌市東区北27条東15丁目)

出演
朗読:上田なおみ
フルート:大島さゆり
ギター:亀岡三典
キーボード:綾部潤和

演目
赤い蝋燭と人魚
作:小川未明 作曲:綾部潤和
雪わたり
原作:宮沢賢治 作曲:綾部潤和

2つの幻想的な童話を北海道を代表する
ナレーター・女優の上田なおみさんが朗読、
そして、昨年であったステキなミュージシャン
フルートの大島さゆりさん、ギターの亀岡三典さんの
生演奏でお送りします。
音を支える音響スタッフには、私が最も信頼している
五ノ井浩さんをお迎えし、豪華な面々がそろった
ステージとなります。

またこまごまと宣伝してまいります。
どうぞ皆様のスケジュール表をこの公演で埋めてください。
よろしくおねがいいたします!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新年スタート!

2014/01/02 14:36
実家から戻ってくる途中。
高速が雪でとまってしまってノロノロのろのろ運転。
急ぐあてもないので流れに身をまかせていたら、突然高速道路が開通。
あとはスムーズに流れました。

あ、そうか。こうすればいいんだ。
強い風や高い波をなんとか乗り切ろうとふんばるからしんどい。
でも仕方がないときは流れに身をまかせていたら、いつか道が開ける。
今年はそんな風味で生きてみたいとおもいます。

あけました。おめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今年もお世話になりました。

2013/12/30 23:29
2013年が終わろうとしています。

作曲家としても、
まきの木コーラスによる「愛する大地、その上で」
の初演、
舞台「三婆」の音楽担当など、活動の場がありましたし、
たくさんのミュージシャンたちとも出会えました。
刺激をいっぱいいただきました。

本職も明日をもって今の職場を退職。
1月からはあたらしい職場で働きます。

来年も、お世話になった人には感謝して、
そして新しく出会う人たちともいい関係を築けるように。

ありきたりではありますが、
よいお年を。そして来年もよろしくお願いいたします。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


前進するための旅

2013/12/24 15:54
沖縄にいっていました。
有休をいただいて、5泊6日でのんびりと。
天気が悪いので楽しめないかとも思いましたが、
とてもいい旅になりました。
世界遺産9つ。制覇しました。
久米島で天候が悪く船がでないのではないかと言われて
いましたが、奇跡が起きて「はての浜」にいくことができました。
久米島紬体験をしました。
あちこちレンタカーで動き回っていました。
そして海の青を目に焼き付けたり、水の音や空気の匂いを
たくさん浴びてきました。
なんだかきれいになった感じ。
いままでごくろうさん、と自分に伝え、
そして新たなスタートを切ってきました。
終わっていろいろ考えてみると、沖縄に行く意味があったんだなあと
気づくのでした。
画像


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新たな一歩、踏み出します。

2013/12/01 13:51
12月になりました。12月はわたしにとって転機の時。
だから、音楽の方も思い切ってリニューアル。

綾部舎企画(AYABE−YA)本日スタート。
これからはofficeE.G.からこちらに表記や著作権表記が変わります。
仕事も充実させながら、音楽も幅広く活動していこうと。
綾部が企画していろいろやるよ、という意気込みの(まんまだけど…)名称です。
AYABE−YA 反対からよんでもあやべやになるかと思いきや、惜しい!
どうぞよろしくお願いいたします。
画像
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


みかん

2013/11/23 10:13
いつのまにやら年末になってしまいましたね。
そして今年も三ヶ日からおいしいおくりものが届きました!
画像












早速いただきました。
ことしのみかんも甘みと酸味のバランスが見事。
一生懸命育てたことが形になっていますよ〜。

まきの木コーラスのみなさん!
ありがとうございました!

来年の曲、作っています。
少しでも皆さんが苦しまないようにしたいと思いますが・・・
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


おわび

2013/11/10 19:34
ここで紹介する、特に自主企画で「作ります」と宣言したもので
実現したことがありません。
そしてごめんなさい。
諸般の事情で、冬のアルバム、断念です。
あなたとわたしのジンタッタ は発表したかったな。
youtubeで発表するとしますか。
いずれにしてもごめんなさい。

でも新たな企画が。
ここで発表すると流れる可能性があるので
きまったらお知らせします(笑)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


いま。

2013/10/25 22:53
きっと、今なんだと思う。
生きていると節目というものがあるのだろう。
いままで続けてきた環境を変えたかったわけではないのだが、
新たな世界へ飛び出そうとする自分がいる。
もう残りの時間は半分以下になった。
だから、きっと、今なんだと思う。
それが正解かどうかは本当にわからない。
でも、まさに「自己決定」したこと。
正解になるように自分が進むしかない。
45歳。転機のとき。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


うたづくり

2013/10/13 15:30
をしています。
この冬に発表予定の
(ここで「予定」で書いたものは何一つかたちになっていませんね)
サードアルバム。今回はミニアルバムです。

収録予定の曲は
「Tea Marker」
「あなたとわたしのジンタッタ」
「しおさいのまち」(合唱版ではない別物)
「あらしの中で」
「まちわわせ」
とこれから詩が届く予定のもう1曲。

「まちわわせ」は私もまだ詩をみていません。

今回は非常にシンプルな編成の楽曲です。
今は「しおさいのまち」を作っています。
なかなか思うように音がかたちになりません。
今日の作業も最早中断。

まにあうかな。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続報!

2013/10/10 22:57
トマトジュース、続けています。
朝食後、昼食前、そして寝る前。
なんと血圧がほぼ正常値に戻っています。
すごーい!(あくまでも個人の感想です)
これで体重もおちるといいのだけれど、
それは難しいようで変わらず。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トマトジュースの効力

2013/10/02 22:53
先週の金曜日に一緒に飲んだ人が、
尿酸値が高く、血圧も高い。
降圧剤がはじまった。あ〜。でも、
無塩のトマトジュースを毎日飲んだら尿酸値が下がった、とのこと。

私もね、さすがに飲みすぎかな。
ちょっと心配になっていました。
さらに、最近血圧が妙に上がって、
ちょっと気になっていました。
(正直いうと、治療レベルです・・・)

それで、マネして、トマトジュース、飲み始めました。

少しずつですが、血圧が下がりました。
ひょっとしたら、トマトジュース、いいのかもしれない。

体にいい、といわれるもの。とりあえず試しています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


芸術の秋

2013/09/30 19:31
ここのところ、出歩くことが多くなりました。
芸術の秋。いろいろなイベントに出向いて
目と耳と心を研ぎ澄ませています。

9月21日は小樽都まつりに行ってきました。
かなり以前にお会いしたジャグリングのKuroさんの
公演を見に行くためです。
Kuroさんは公演だけではなく、商店街を飾るバルンアートの
製作にも携わります。
アーケードの天井にも届くキリン。そして巨大な象。
見ごたえありました。すごい!3日くらいかけて小樽の大学生
とともに作ったとの事。
そしてkuroさんのステージはひきつけられますね。
はらはらどきどき。トークも面白くてあっという間に時間が過ぎます。
楽しかった。10年ぶりくらいの再会でした。お久しぶり。

翌9月23日は最近お知り合いになったクラリネット奏者
大久保陽子さんの演奏会に伺いました。
札幌シンフォニエッタの演奏会のゲスト出演ということで、モーツアルトの
クラリネット五重奏曲などが演奏されました。
この曲は大久保さんが大好きな曲なのだそうですが、演奏するのは
はじめてとのこと。それだけにとても生き生きとした演奏でした。

そして昨日は、最近よくつるんでいるTさんと一緒に
いくもまりさんのライブに出かけてきました。
以前もご紹介した方ですね。すっかりファンになってしまいまして
11月に発売する新しいCD制作のためしばらくライブはお休み、
とのことで行ってきました。
町田拓哉さんのカッコいいアレンジとすごいテクニックのギター演奏に
支えられて、あったかーい歌声が響きました。心地よい時間。
いいライブだった。心穏やかになった。

いろんなアーティストたちに触れ合うこと、出会うことで
私も刺激うけまくり。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


いろ鮮やかな・・・

2013/09/21 09:36
赤ピで音楽活動再開。
赤いピアノに黄色い五線紙。
今回は楽譜で渡すので、まずはスケッチから。
なぜ黄色い五線紙かって?
それはね。
白い紙がなかったから。
画像
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


ほろ酔いから泥酔にかわるまで

2013/09/14 23:16
画像














なんともいい夜でした。
ビストロ ルノール倶楽部。
今日は大島さゆりさんのフルート
そして亀岡三典さんのギター。
作詞家の縁側組曲さんと行きました。

大島さんと亀岡さんのアンサンブルは息がぴったり。
大島さんのフルートは大胆かつ繊細で
とてもここちのよい音を届けてくださいました。
そしてそれを支えたり、時には表にたったりと
繊細な動きをする亀岡さんのギターがいい。

ニューシネマパラダイスは
当時小さな映画館で見て涙したそのときが
よみがえりました。

ガーシュインから山田耕作、そしてピアソラまで
なんだかとっても楽しかった。
音楽を楽しめるのは本当にうれしい。
お二人の作る世界に酔いしれて、ほろ酔い。

そしてここのお食事がとてもおいしい。
ピザは絶品。
縁側さんも
「いままで食べたピザで一番おいしかった」
との評価。

すっかりいい気持で
二人でもう1件行き
泥酔です(笑)。

今日は縁側さんから2つの詩をいただきました。
つぎは私のミニアルバムを作ることになりました。
できるだけシンプルな構成で。
クリスマスアルバムになるかな。

縁側組曲さんの無断撮影の写真を
無断借用しました(笑)

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


赤ピでふりかえる10代

2013/09/07 00:02
弾いてます。
赤ピ

長年61鍵のシンセで作曲してたので、
足りない27の鍵盤が加わっただけで両手の間隔が
急に広がります。

まだ手書きで作曲した10代のころの楽譜を持ってきます。

30年ほど前に作曲したミュージカル
「銀河鉄道の夜」
笑ってしまうくらいピアノパートが「稚拙」なのですが、
(あ、今も稚拙ですが)
使っているハーモニーは今そのもの。
30年もおんなじことをやってるんですね(笑)
成長してない自分と、いまよりももっとつたない音を
紡いでいる若い自分が交錯します。

大学生の時に作った歌曲集
「スーパーマンその他大勢」
谷川俊太郎さんにおあいしたとき、
「作曲してもいいですか?」とお聞きしたら
「自分で楽しむ範囲ならよろしい」と許可いただいて
ずいぶん谷川さんの詩に曲を付けました。
この中の「サンタクロース」と「スーパーマン」を
大学のチャペルで初演しました。
懐かしいですね。
スーパーマンの伴奏を弾いてみます。
7/8 5/8の変拍子が目まぐるしく交錯する曲。
伴奏はリズムを刻むだけなのですが、
途中から早い8ビートでノリノリな感じだったんですね。
とてつもなく変な曲。
でも面白い。いまはこんな曲作れないかも。

今では使い物にならないかもしれないけれど
私の残した足跡を
赤ピでたどってみたほろ酔いの宵でした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


赤ピ 家族になる。

2013/08/23 21:34
画像












家族になりました。
よろしくおねがいします。
「赤ピ」です。
タッチもなかなかピアノっぽいし
音色もなかなかピアノっぽい。
29800円ですよ。
しかもスタンド付。
おもちゃみたいなヘッドホン付。
お買い得でした。
日曜作曲家が作曲するには十分です。
おもちゃとしても、立派です。

現在音楽室がゴミ箱みたいになっておりまして
しばらくの間は居間に置きます。
テレビの横。夜景のみえる窓際です。
でもこのままでもいいかな、なんて。

いえいえ、いずれちゃんと片づけて、
防音施工して、ちゃんとした音楽室にします。
いずれね。
う〜ん。定年退職後かな。

買ったお店。
快適家電デジタルライフ。なんと札幌市東区の
ネットショップです。
http://item.rakuten.co.jp/kadenshop/s1101-kyo-0040/

だんだん年を取ってくると、
明るい色が好きになります(笑)
情熱的な曲を作りましょう。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


買っちゃった!

2013/08/18 21:39
朝から結構な雨が降ります。
雷の音で目覚めます。
実は雷、、結構好きです。

そして昼は晴れて結構な気温になります。
蒸し暑い。
今日も30度超えたかな。
不快指数は高いです。

今日は札幌駅南口のカラオケ店に向かいます。

わたくし、カラオケ好きではありません。

今日向かったのは、私が企画している
とあるイベントにご出演いただくおふたりの演奏家の
練習に立ち会う・・・いえいえお邪魔するためです。

なかなかスタジオとか借りるのが難しい演奏家たちは
カラオケボックスを活用して練習します。
価格も格安だからです。

カラオケのお店につくとしばらくして汗だくのギタリスト
亀岡三典氏、登場です。
暑がりなんですね。私は新陳代謝が低下して汗もでません。
あついけど。
亀岡さんは汗だくなんですけどね。とてもさわやかです。
若いとは羨ましい。

そして、少しするとクラリネット奏者
大久保陽子さん登場です。

大久保さんはほんのひとこと交わしただけで
「いい人」がにじみ出ます。
出会えてよかった人、またひとり。

選曲なんかもちょっとリクエスト聞いていただいたり
しながら、練習がはじまります。

息があってます。
ひょいひょいと合わせて音楽が出来上がる過程を
内心びっくりしながら見ていました
大久保さんのクラリネットものびやかな豊かな音がでます。

プロだなあ。すごいなあ。

わたしもその輪の中に入りたいと思いました。

音楽やりたい!つくりたい!

浜松も北海道の音楽家たちも
すごい。

私は何ができるだろう。

作るしかない。

ということで、
注文しちゃいました。
デジタルピアノ。

最近はずっとkorgのシンセで作曲しておりましたが
買ったのもKORGのデジピ。

まあ、ピアノ弾けない作曲家なので超格安ピアノ。
2万円台のピアノです。

25年位前。
受験先の仙台の楽器やで触れた
カワイのデジピが欲しくて、なけなしのお小遣いをためて
買いました
初期の作品はそのピアノを使って作ったものが多かった。

でも、そのピアノは引っ越した家が狭くなって友人のお父さんにあげました。

それからシンセで作曲してましたが
やっぱり88鍵ほしいじゃないですか。

刺激されちゃいましたね。
亀岡さんと大久保さんに。
それだけすごいお二人です。
9月の本番は本当に楽しみ。

いい出会いに感謝。

夜。
また雨が降ります。
あ、雷。
鈍い音が響きます。

外を見ると、花火でした。

雨なのに。

この夏最後かな。

明日からこの暑さは薄らいでいくよう。

花火が終わると雷鳴が時々響きます。

蒸し暑くて
でも、いい一日でした。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


贅沢な時間

2013/08/11 22:21
昨日もTさんと一緒にいました。
Tさんにいろいろな演奏家を紹介いただくシリーズ。
第2弾はギタリスト 亀岡三典さん。
クラシックギターを学び、ソロやアンサンブルで
活躍されている方です。

昨日は美園にあるル・ノール倶楽部です。
イタリアンレストランでのコンサート。
フルートの清水里香さんとの演奏です。

素敵でした。
久しぶりに映画ディア・ハンターのテーマ曲
カバティーナを聞きました。
作曲はスタンリー・マイヤーズ。
若い時熱狂してみていたスティーブン・フリアーズ監督の
「マイ・ビューティフル・ランドレット」とか
「プリック・アップ」とか。全然違う音楽をかける作曲家。
大好きなこの曲を堪能しました。

それからピアソラの「アベ・マリア」
ピアソラはこういう曲も書いていたんですね。
そしておなじみ「リベルタンゴ」
浜松で田中恵子先生とサックスの横原由梨子さんの
演奏を聞いたばかり。
楽器が変わると曲も大きく変わりますね。
面白い。

そして、ここはお料理がおいしい。
パイ生地を使うピザは絶品です。

また亀岡さんが演奏する日に行って
おいしい料理をいただきながら音楽を楽しもう。

贅沢な時間がここにあります。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3


2度目の春が来たよと

2013/08/07 23:03
愛する大地、その上で
の初演がどうしても自分の中でも注目してしまう
できごとだったりするのですが、
昨年初演いただいた「春が来たよと」も
再演していただきました。

リハーサルで聞いたとき、
明らかに昨年よりもいい演奏になっていました。
「これが終わりではありません。はじまりです」
とS先生がおっしゃっていた昨年を思い出します。
本当に1年かけて育ててくださったんですね。
不出来な子供でしたが、天塩にかけて
育ててくださったんですね。
立派に成長していました。

そして、再演の日。
みなさんの力で最高の「春が来たよと」が
会場に流れました。
感動でした。

これが今年の「春が来たよ」とです。



一緒に泣こう、一緒に笑おうプロジェクトは
ささやかながら成長しながら、
三ヶ日から発信されています。
北海道と三ヶ日、そして東北が
こういうかたちでつながります。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


出会い

2013/08/06 22:39
私の兄は手品師です。
2代目歌留多屋祥太郎です。
特に仲がいいわけでもなく、悪くもなく
いい関係で距離感を保ちながらおります。

2年ほど前でしょうか。
私の本職の関係で出会った江別のTさんという方。
いろいろ話をすると手品師でした。
そして兄と知りあいでした。

生まれて初めて兄弟で共通の知人が現れました。

Tさんはかなり顔が広く、特に芸術関係の人脈が広い。

ちょっと事情があって、Tさんに数人のミュージシャンを
紹介いただくことになりました。

「月曜日にライブがあるから来ませんか?」
というTさんの誘いに行ってきました。

昨日です。
厚別にある来さまいというカフェ。
ひのきの一枚板でつくられた長いテーブルの一角に座ります。
カフェの壁はヒノキの板で囲まれています。

今日のミュージシャンは
歌う理学療法士 井雲真理さんと
ギタリスト町田拓哉さん。

通称まりもさんのあったかい歌。楽しいトーク。
そして町田さんの素晴らしいギターとコードテクニック。

おふたりの作る世界にすっかり魅了されてしまいました。

そして来さまいという とてもおちつく空間。
おいしい夕食。
なんとも贅沢な時間を過ごしました。

CDを購入しお二人にサインをいただいたり。
マスターといろいろお話したり。

気付いたら10時を過ぎていました。

ちょっと遠いのですが、
素晴らしいアーティストと
また居心地のよい場所を紹介していただきました。

出会いは不思議。
末長く、お付き合いいただけたら幸いです!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


伏線

2013/08/03 01:04
大好きなドラマは「伏線」がうまくはられている。
朝ドラの最高傑作、渡辺あや作カーネーションでもそうだった。
あとで「あ、あの時の・・・」という気づきがあったときの喜び。
「あまちゃん」もそうですね。
伏線がいっぱいはられてて、油断できません。

今再放送している「てっぱん」も好きな作品でした。
一度見ているので、先がわかっているので
「うわ、こんなところに伏線が」というのを改めて気づくことも
たくさんあります。
脚本家というのはすごいな、と思うわけです。
てっぱん はメインの脚本家はわずか3週くらいしかかいておらず、
ほとんどは今井雅子さんという脚本家が書いています。

今週の再放送を見てびっくりしました。
「帰ってきたよっぱらい」という週で、
嵐のように主人公あかり(瀧本美織)が経営するお好み焼き屋
「おのみっちゃん」に訪れる
小早川さん(京野ことみ)という女性のエピソードです。
婚約者に振られ、仕事も休めといわれ、
することもなく「おのみっちゃん」を手伝うことになります。
彼女は妊娠しています。
あかりの尾道の家族は
あかりのお好み焼き屋さんのことを話しながら、
アルバイトの小早川さんの話をします。
ちょっと性格のきつい小早川さんの話になりますが、
あかりの育ての母(安田成美)は
「あかりのまわりにはいい人があつまる」といいます。
ゆくゆくは、あかりの兄と結婚するんです。
ああ、ここでもう暗示させてるんだな。と。
一度見てるから、こういう伏線がより楽しめます。

しかし、てっぱんの第101回はあまりにも予想できない伏線を描きます。
これは絶対に今井雅子さんも予想していなかった伏線です。

小早川さんがあかりのつくるお好み焼きをバクバク食べているのをみて
初音(あかりの祖母冨司純子)「おなかすいてムカムカするのはつわりや」
神田(鰹節屋の職人赤井英和)「ああ、あの…
地震が来てくるのは・・・そら津波や」
だじゃれ好きの神田さんがそういって、オープニング
葉加瀬太郎作曲の「ひまわり」が出演者のクレジットとともに
流れます。

このてっぱんの本放送は2010年10月〜2011年3月。
そう、このセリフの放送後、わずか1か月後に
あの東日本大震災が起こります。

偶然が起こしてしまった伏線。
まったく覚えていなかったこのセリフ、
あらためて聞くとまるで予知していたかのような・・・
でも決してそんなことはない。

この「てっぱん」は
震災後に放送が再開されたとき、
被災地の大きな喜びと支えになったと聞きました。
葉加瀬太郎さんがそういってました。

他人であろうと自分の大切な人を大切に思うことを描いた
この物語はだからこのとき放送されていたんだな、と。

奇跡のドラマだったんだな。
ということで。
「てっぱん」は私のドラマベスト3に入りました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


youtubeに初演がアップされました!

2013/07/29 20:23
三ヶ日サマーコンサート2013で
まきの木コーラスと特別部員のみなさんによって初演された
「愛する大地、その上で」
がyoutubeにアップされました。
制作してくださったのは引佐虹の輪合唱団の代表の
矢野さです。
矢野さんはこの曲の初演に参加されています。
当日気が付かなくてお礼が言えませんでした。
初演、そして字幕付きで動画を制作いただいて、感謝しております。
これで全世界に発信することができますね。
ありがとうございます。

愛する大地、その上で
作詞:縁側組曲 作曲:綾部潤和
指揮:松岡恒 ピアノ:田中恵子
合唱:まきの木コーラス+特別部員




今回のコンサートや、去年の春が来たよとの初演、
いろいろなコンサートの演奏が聴けます。
ぜひ訪ねてみてください!
http://movie.geocities.jp/inasadouga/
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


うれしいおくりもの

2013/07/27 22:53
気温がそんなに上がりません。
曇り、雨も降ります。
浜松三ヶ日の興奮は続いていますが、
体はやっぱり疲れていて。
今日は掃除機かけたり昼寝をしたり。
休養日にしました。

昨日今日と花火があがります。
15階から遠くに見えます。
花火は好きです。
でもどうしてだか、花火をみると切なくなります。
なんだか、短い夏の終わりを感じてしまうからでしょうか。

そんな中、チャイムがなります。
宅配便です。何も頼んだ覚えはありません。

画像









まきの木コーラスの部長さんから、
三ヶ日みかんジュースが届きます。
生搾り。1本に5個のみかんがはいっているそう。
あたたかなお手紙とみんなで写した写真が入っています。
1週間前の喜びがよみがえります。
あんなにお世話になったのに。
こんなことしてもらって。うれしい。
早速部長さんにお礼のお電話しました。
ああ、この声。そうそう。
あったかい声。

来年もまた帰省しよう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


お祭りの日に

2013/07/24 22:25
浜松ばかりに気持ちが行っていましたが、
今日、とあるお祭りで、自分の作った曲がスピーカーから
流れました。
作曲をはじめてから900曲近い作品があります。
作曲したのは16年前。
ほぼ毎年1回、そのお祭りでは必ず流れていました。
そう考えると、一番よく流れていた曲かもしれません。
今日あらためて聞くと、
曲も歌もアレンジも、そして私がひそかに参加したコーラスも
なかなかの出来じゃないですか。

いろんな思い出がよみがえります。

そして、私がこのお祭りに参加するのは、これで・・・。

お祭りが終わると寂しさが残ります。
北海道の夏は、もうすぐ終わります。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


浜松のアルバム

2013/07/23 21:41
今日の札幌は気温30度。
昨日までいた浜松とかわりないじゃないか。
出勤前から汗が出始めます
浜松で暖房を使用していた私でも。

現実に戻りました。

でも、ここではもうちょっとひたります。
アップできなかった観光の写真です。

まずは浜松市楽器博物館から。
バリのガムラン
壮観でした。
画像










珍しいデュオ・ピアノ。
2台分のピアノがくっついています。
2台ピアノ演奏用に1台にまとめたものですが、
重過ぎるのと、いろいろ不都合もあって普及しなかったそうです。
弦が交差していて、共鳴しあいすぎないようにダンパーペダルを
片方のピアノがコントロールすることができるそうです。
画像










そして、クラヴィコードです。
さかのぼってご確認を。
これは欲しい楽器。
画像













さて、次は今回の「幸せの元」
ドクターイエローです。
画像










黄色い新幹線。もう覚えましたね?北海道のみなさん。


次は心が穏やかになった龍潭寺の庭園
画像










つらくなったら、またここにきます。

最後は昼食のうどん。
食べ物の写真をとるのはやめたんですが、
ここのうどんはついはずみで撮影してしまったので。
手打ちうどん二五七 もりうどん大盛りととろろごはんのセット。
自然の中で、おいしいうどんがいただけますよ。
画像











演奏会関係の写真は撮っていません。
リハーサルの演奏の動画の隠し撮りと
打ち上げのバリトン夏目悠司さんの「宇宙戦艦ヤマト」の歌声しか
ありません。
演奏会関係はそのうちまきの木コーラスのHPで紹介されると
思います。
そちらをお楽しみに。
http://blog.livedoor.jp/makinokichorus/

そうそう、
まきの木コーラスのほかに特別部員として参加していただいた
皆さんにはお礼が言えませんでした。
私が気付けたのはEngのメンバーの方や
コールあらいの指揮者の先生、
ほかにもたくさんいらっしゃいました。
みなさんに私の感謝の気持ちがどうぞ届きますように。

さあ、今日も寝る前に
「愛する大地、その上で」と「春が来たよと」を聞いて
幸せな気持ちになろう。
明日もがんばろう。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


まもなく浜松とお別れです

2013/07/22 11:01
昨晩とまったホテルは会員制高級リゾートホテルでした。
会員の方が予約くださって、ビジネスホテル並みの料金で
泊めていただきました。
昨晩ホテルで余韻にひたりながらブログを書いていて
「なんだか暑い」
エアコンを起動しているのですが、どうも暑い。
設定温度を限りなく下げます。
それでも暑い。
まあ、いいか。いい気持だし。
布団に入ります。
ぐすっりねました。
しかし朝は汗が搾れるほど全身が濡れています。
暑い。
でも北海道人はがまんします。我慢強いのです(うそですが)。
それでも暑い。
エアコンの設定をよく見直しました。
なんと「暖房」の設定になっていました。
朝からひとりでくすくす笑っていました。
家にエアコンないですからね。
使い方、わからないですからね。
でも昨日、浜松市内に存在していたすべての家庭、
ホテルなどで暖房を使用していたのは絶対にわたしだけ。
さっそく冷房に設定を切り替えて、朝の数時間は快適でした。
今朝は暑いです。浜松。熱射病で遺体で発見されなくてよかったです。
でもエネルギーの無駄遣いをしてしまってごめんなさい。

みなさんには「11時の新幹線で帰ります」
なんていってたのは自分のおおきな勘違いで12時発でした。
なので時間調整で浜松駅南口のロイヤルホストで
浜松最後のブログを書いています。

ほかにもたくさんのエピソードがありました。
そのなかで書きたいことがもうひとつ。
まきの木コーラスの82歳のH先生。
今年も元気に再会できました。
でも今年H先生は声帯を痛めてしまってステージにたてなくなった
ということでした。
残念そうにリハーサルを会場から見つめるH先生が印象的でした。
歌いたいんだろうな。
それでも当日は完全裏方にまわって、コンサートの運営に奔走されていました。
きびきびと動いて。
でも、浜松市歌の全体合唱で小さな声で歌われているH先生の声が私の後ろから
聞こえてきました。
よかった。一緒に歌えましたね。
本当に歌うことがお好きなんだなあ。
そして、そのパワー。
若者はもっとがんばらなければならないですね。

ほかにもいくつか病気をかかえていらしたり、
つらい思いをされている話をお聞きしました。
それでも歌が好きで集まるみなさん。
だから「愛する大地、その上で」を伝えることが
できたのですね。ありがとうございました。

先生だけじゃなくまきの木コーラスのみなさんは裏方も兼務です。
総合プロデューサーの松岡先生も走り回っていました。
歌うだけじゃなく運営も一生懸命。だからいいコンサートになりましたね。
本当にお疲れさまでした。

今日は夕方19時ころ自宅に到着できる予定です。
勘違いじゃなければ。
北海道と浜松、三ヶ日。
やっぱりあまりに遠いです。
でもみなさんと気持ちがつながって、
気持ちだけでも近くにいられるような気がして。
そんな幸せな滞在でした。
ありがとうございました。
ぜひ北海道にも遊びにいらしてください!
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


三ヶ日サマーコンサート

2013/07/22 00:14
今日は早く目覚めました。
大切な日だから。

初対面なのにとても親切なプロのピアニスト
田中恵子先生が浜松駅まで迎えに来てくださいました。

1時間あまりの道中、
いろんなお話ができました。
演奏活動でお忙しい田中先生は、
高齢化する過疎地域に自分ができることがないか、
といろいろ考えて活動をされているとのことです。
自分でお金をためて、プロの声楽家を連れて、
クラシックコンサートにいくことのできない
高齢者に向けて、コンサートを行っているそうです。
もちろん無料。ミカン箱の上でもやります、というコンセプト。
歌い手には普段見ることのできない衣装も着せて
歌のミニコンサートを開いているのだそうです。
「北海道でそういうところない?」
先生はいいます。
「ありますあります。北海道は過疎地域がいっぱいです」
そんなことで、いつか私は田中先生をお招きするプロデュースしたいと
思います。
深い一時間でした。
素敵なピアニスト。出会えてよかった。

会場につくと、浜松市歌のリハーサルです。
わたし、久しぶりに合唱に参加しました。
ひそかに練習していました。自宅で。
楽譜ダウンロードして。
いい歌ですね。歌えて満足。

さてさて、サマーコンサート。
13団体の演奏。
これだけ並ぶと個性がでますね。
楽しんで音楽を作っているところ、
より上質な音楽を目指しているところ。
さまざまです。
指導者の色やメンバーによってそれぞれの
「色」が並びます。
それだけでも楽しい3時間でした。

私の作品は、このコンサートでも最後の最後。
みんなで歌う浜松市歌を除けば、本当に最後の歌となっていました。
正直、みなさんが一生懸命つくってきたコンサートを
私の曲で締めていいのか・・・という思いはありました。
でも、そんな思いはまきの木コーラスと特別部員のみなさんが
簡単に吹き飛ばします。

見事でした。
いい演奏でした。

「愛する大地、この上で」
愛する大地の上で、僕たちは命を選択した。
どんなにつらいことの渦中にいても
「いきていてください」
そのメッセージは伝わりました。
これだけ人生の先輩たちが気持ちを込めて伝えたメッセージ。
その力強さと自信に満ちた歌声。
ここまで作り上げてくださるとは夢にも思っていませんでした。
それが昨日のリハで聞いて驚き感動し。
そして本番。本番効果でさらに思いのこもったメッセージで
会場が包まれました。
まきの木コーラスと特別部員の皆さんが初演してくれてよかった。

春が来たよと
去年は作品を形にするので必死でした。
でもそれでもうれしかった。
しかし、今年のまきの木コーラスは違います。
1年かけて、この曲とじっくり向かい合ってくれました。
描かれている世界が目に浮かびます。
そして、ことばひとつひとつがしっかりと伝わります。
この曲のメッセージを伝えたい、というみなさんの気持ちが伝わります。
素晴らしい演奏でした。

松岡先生の解釈やまとめかた、
そして田中先生の歌っているような、そして情熱的なのに
しっかりうたを支えるピアノ、
まきの木コーラスと特別部員のみなさんの
チャレンジ精神。
うまくかみ合っていましたね。

打ち上げに誘ってただきました。
畑の中にある喫茶店。
今年はみなさんにお礼がいえました。
みなさんから
「難しかった」という言葉をいただきました。
それでもこれだけ歌えたのです。
難しい曲をクリアできたのです。
もっと自信をもっていい合唱団です。
ただ。みなさんの言葉を聞いて、
もう少し、みんなが楽しめる、歌いやすい曲を
かける作曲家にならなければ、と思いました。
私も勉強します。

少しするとカラオケが始まりました。
みなさん、上手。聞きごたえのある歌を歌われます。
みなさんすごいのですが、
バリトンのプロ、夏目悠司さんの歌う
「宇宙戦艦ヤマト」は思わず録画してしまいました。
わたしも歌うはめになり
せっかくなので札幌の歌をうたいました。
「虹と雪のバラード」
お恥ずかしい限り。
最後は私のリクエストで、
みんなで浜松市歌をアカペラで歌って締めました。
お店のかべにカエルがたくさんいました。
子供のころ以来、カエルにさわりました。かわいい!

そのあと、飲み足りない私のことを思って
kibbinosatoさん、部長さん、副部長さんが三ヶ日の町で
飲みに付き合ってくださいました。
三ヶ日のまちはお祭りだったんですね。
にぎやかで、出店がいっぱい出て、楽しい夜でした。
みなさんに歌っていただけて本当によかった。
この町は私の第2のふるさとである。
また来たい。
その3つのテーマを言葉を変えながら一生懸命伝えている
自分がいました。

日付がかわりました。
今日は札幌に戻ります。
また現実と向かい合う日々が始まります。
でも、みなさんが頑張ってこの歌を歌ってくれたように
私もがんばれそうな気がします。
浜松。三ヶ日。
来てよかった。
またお会いできる日を楽しみにしています!
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


浜松2日目

2013/07/21 00:02
今日も日中は観光です。
レンタカーを借りて、まずは浜名湖です。
昨日の松岡先生へのコメント、訂正です。
浜松の人の運転はあらい。
とんでもない。
みなさん制限速度を守り、
黄色信号で止まり。
一度もクラクションをならされずに済みました。
すいません。北海道の運転の方がかなりあらいです。
歩行者の信号機の点滅〜運転側の黄色信号になるタイミングが
浜松の方が「遅い」。
とまらなきゃ、と思ってもまだ青信号なのです。
北海道は黄色でも止まらないからタイミングが早いのでしょうか。
アクトシティの昨日のおねえさま。
浜松の人はみんな安全運転ですよ。
北海道に比べれば(笑)

舘山寺温泉のロープウェイにのって、浜松市全貌を眺めます。
富士山は今日もだめ。
なかなか姿をあらわしてくれません。
でもぐるり浜松。壮大なパノラマです。
そのあと遊覧船にのり、浜名湖を堪能します。
船上にいたので気持ちよかったです。
古い歴史の中で塩水湖になったことがアナウンスでわかります。

次は鍾乳洞にむかいましょう。
と、そこで目に入ったのが龍潭寺。
歴史のことはよくわからないのですが(不得手で・・・)
井伊家の元祖出生の地であるようで。
庭が美しくて、しばらくこころ穏やかに腰かけてみていました。
蓮の花がきれいに咲いていました。
ここ、来てよかった。

龍潭寺の売店で手にしたちらし。
「手打ちうどん」
気になって、カーナビに案内してもらって向かいます。
手打ちうどん257
もりうどん大盛りととろろごはん小のセットをいただきます。
なかなかおいしいです。
昨日はうなぎとむぎつくの餃子をいただきましたので、
今日はシンプルに。っといっても量は多いですが。
腰がしっかりあって、薄目だけれど出汁がしっかりきいた汁に
たっぷりつけていただきます。

食後はお気に入りの竜ヶ岩洞へ。
2度目の今回は写真をとらずに、鍾乳洞を見ることに専念。
神秘です。
長い長い時間を感じます。
こつこつと積み重なってきたもの。
私たちの人生はその中の1mmにもなるのでしょうか。
ここは好きだなあ。
日々悩んでいることなんて、ちっぽけなもんなんですね。
そんなことを気付かされる場所です。

さあ、まだ行きたいところは・・・
浜松城でしょ、うなぎパイファクトリーでしょ、
でもごめんなさい。つかれちゃった。
一度宿に戻ります。

一休みして
三ヶ日に向かいます。
まきの木コーラスの皆さんとの再会です。
レンタカー、いいですね。
すいすいいけます。
すっかりナビに案内されて、いつもの道のように運転します。


お久しぶりです。松岡先生、まきの木コーラスのみなさん。
そして、私と浜松をつないでくれたkibinosatoさん。
今回は歌ってくれるんですね。うれしいです。
懐かしい顔が私を笑顔で出迎えてくれます。
これにやられちゃうんですね。
うれしい気持ちになっちゃいます。

しばらくすると、ピアニストの田中恵子先生が登場。
プロのピアニストが伴奏です。
独学作曲家はプロに弱い。
「ふーん、何この曲!!」って言われるのが。
でも松岡先生も田中先生もそんなこといわないで
広い心でこの曲を受け止めてくれます。
更に、田中先生は
「明日会場までのせっててあげるわ」と、
浜松から会場までを送迎してくださることに。
なんて気さくな方。
で、すぐに甘えてしまいます。
だってね、浜松から三ヶ日まで交通機関で行くと
えらい大変なのです。

さあ、リハーサルです。
「愛する大地、その上で」
こみ上げました。
なんて深みのある演奏をしてくれたんだろう。
こんなに曲を解釈してくれて、「生きろ、生きるんだ」
と強いメッセージを伝えてくれました。
人生の先輩たちだからできることなのでしょうか。
そして「春が来たよと」
2回目の春はもっともっと暖かさとやさしさが加わりました。
大事に歌ってくださっていたんですね。
その思いが確実に曲に表れています。

休憩の合間に、現在ドイツで活躍中の声楽家
夏目悠司さんとも話します。
夏目さんは帰国中で、昨年の春が来たよとも
うたってくださったんですが、今回の大地もほぼ初見で参加です。
松岡先生の仲介で、曲を書かせてもらえるなんてこと、
実現するでしょうか???

ドクターイエローを見たときに
「きっといいことがありますよ」
といわれました。
これが「いいこと」なんだなって思いました。
明日はもっとすばらしい演奏をっしてくれると思います。

私は幸せです。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


浜松入り

2013/07/19 20:25
しました。
昨年はちょっとあわただしかったので、
今年は夏休みをいただいて駆けつけました。

今日は浜松周辺を観光しましょう、と
まず出かけたのが
浜松市楽器博物館。
一応作曲家なのでね。襟を正して楽器と向き合いましょう。

アジアをはじめとする全世界の珍しい楽器が並んでいます。
鍵盤楽器のコーナーで1時間ごとに楽器の説明会があります。

そこで出会った楽器がクラヴィコードというもので
ハープシコードのようなピアノのような。
ピアノの前に使われていた楽器で、
なんと鍵盤楽器なのにビブラートがかけられます。
小さな音しかでないのに、響きが深くて、ほしくなりました。
それで係りの人に質問してたら1時間以上つきあって
くださって、鍵盤楽器の歴史をひもときながら、
その楽器を使って当時のピアノ曲を演奏してくださったり。
当時の楽器だとこんな音色になるんだ、と新発見。
それはそれは親切な係り員の女性でした。
現在のピアノの形になるまでの流れが「なるほど」とわかりました。

思っていた以上におもしろくてたっぷりと時間を使ってしまいました。
そして売店をのぞいていたらおしゃれな五線紙のメモ帳発見。
小さな五線紙探していたので10冊大人買いしてきました(笑)

次は浜松城にでもいきましょう。と博物館をあとにしました。
そういえば、そのとなりにアクトシティの展望台があったはず。

48階の展望デッキに上ります。
係り員のお姉さんが一人のお客さんと盛り上がっています。
「ドクターイエローが通るんです!」
なんですか?それ。
「ええ!!ドクターイエローを知らないとは?
あなたは誰ですか?」
みたいな会話になり。札幌からきましたと伝えると
「新幹線が通ってないからね」と納得されました。
先客は鉄道マニア。お姉さんは「十数年つとめているけれど
じっくりみるのは初めて、だそうです。
ドクターイエローとは線路の点検などをする黄色の新幹線なのだそうです。
なるほどなるほど。
しばらくすると黄色の新幹線が来ました。そして浜松駅に停車です。
マニアさんは上から撮影して、
「これから先回りして踏切を通るところを撮影します。
これ、記念に」
とドクターイエローや、富士山がうつっている鉄道写真を3枚くれました。
そして足早に去って行きました。
「間に合いますように!」
残ったお姉さんと声をかけて上から見守ります。
しばらくしてから動き出し、浜松にある新幹線の倉庫みたいなところに
吸い込まれていきました。
「ドクターイエローをみることができた人はいいことが起きるそうです
お客さん、ラッキーですね。いいことありますよ」
そういうの、うれしい。

結局、二つしか回れませんでした。
でもね。
博物館でも、
「実は来月、この楽器たちの半分以上は東京で展示になってしまうので
お客さん、いいときにきました」
といわれました。

なんかこの浜松の滞在。ついてるぞ。
きっとまきの木コーラスのみなさんの合唱も
最高に素晴らしいんだろうな。
感動の涙を流すことができるんだろうな。
そんな予感がする浜松第1日目でした。

写真、どうもうまく掲載できなくて
帰ってからのせます。
クラヴィコードとドクターイエロー。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


きつねに

2013/07/08 20:59
本日職場で不思議なことが起きて。

「きつねにつままれているみたい」
というところを
「きつねにつつまれているみたい」
と間違ったところから
「きつねにつつかれているみたい」
とか
「きつねのつつみあげみたい」
これ、おいしいかなあ
とかいっているうちに。
そのつながりで
「きつねにつままれているみたい」
ってその変化形でいったつもりが
もとに戻っていた。

きつねにあそばれた一日。

神戸でやっぱり飲んで飲んで。
意識ないままホテルに戻っているのだけれど
その途中で吉野家で牛丼食べた形跡がある。
記憶にないまま二日酔いで学会しっかり楽しんだ。

だから今日はきつねに取りつかれています。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


神戸にきています

2013/07/06 18:41
出張です。
おとといは日帰り東京出張でした。
そして再来週は浜松。
今月は全国に出没している私です。

今日は朝早い便で神戸入りしましたので、
お昼に神戸牛を食べて
異人館街にいって
中華街にいって
なんていう観光をしていました。
ちょうど阪神大震災の1か月前に神戸に訪れました。
すっかり忘れていて、シティ・ループなどという
循環バスに乗って新たなものを見るように楽しみました。

それにしても蒸し暑い。
東京も暑かった。今日は夕方から結構な雨降りで、
このあと更にムシムシしそう。

さあ、これから合流する函館の仲間たちと
飲んで、飲んで、飲んで
そして明日、学会に参加します。

そういえば、こちらの皆さんは、
エスカレーター、急がない人は右に並びます。
札幌は左ですよね。
1日で右に慣れてしまったので
明日もどったらきっと札幌で迷惑をかけていると
思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


年齢とは

2013/06/30 22:10
三婆公演
おわりました。
ちょっと驚くようなことが暗転中に数回起きるのですが
あれだけのおおがかりの装置と美しい着物に着替える時間。
それもほとんどが役者さんたちが行うわけですから。

長い長い芝居でしたが、お客さんも楽しんでいただいた感じ。
音楽もみなさんを昭和へいざないました。
満席、立ち見になてしまったお客さんもいて
それはそれは、一体となって盛り上がりました。

銀の会
名前のとおり高齢者の劇団です。
でもそのパワーはすごい。
決して年を重ねることがネガティブなことでは
ないという。それを教えてくれました。

打ち上げにもお邪魔しました。
やさしいおじさまおばさまたちとおいしいお酒を
いただきました。

昔、若気の至りで無礼をしてしまった人たちも
たくさんいました。
その人たちとお話しして
仕事でお詫びができた。
そんな感じがしました。
今回、使っていただいて、本当にありがとうございました。

ところで。
今日、うちの近くで火災がありました。
びっくりするくらい炎が立ちあがって
それはそれは恐ろしい場面を見てしまいました。
火災には本当に気を付けましょう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


三婆 本日初日!

2013/06/28 06:58
ゲネにも直前の通し稽古にもいかないのは
初めてかもしれません。
稽古が平日の昼間だからです。
なので忘れてました。

本日から
銀の会公演
「三婆」公演がはじまります。

どうぞよろしくお願いいたします。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


スーパームーン 

2013/06/23 19:59
みましたか?
まだ明るい空に巨大な月。

この後8:32に満月になるそうです。
1年に1回程度あるそうなのですが、
気にしてなかった。
でも確かに大きい月。
神秘的。

今日から曲を書き始めました。
合唱曲のはずだったのですが、
歌詞が手直しに入ってしまったので、
2年位前に予告したままで着手していなかった
ヒーリングミュージックの制作に入ります。

from TERRA

今日はその1曲目となる
「地球の呼吸」を作りました。
ゆっくりと息を吸って吐いて、気持ちを穏やかに
整えるには最適な曲になりました。

さあ、また月を見よう。
月の力を借りて、心が穏やかになる曲を
いくつも作ろう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


詩と音楽が出会う瞬間

2013/06/17 18:27
縁側組曲さんから久しぶりに詩が届きました。
「一緒に泣こう、一緒に笑おうプロジェクト」
合唱曲のシリーズ作品です。

「春がきたよと」
「愛する大地、その上で」
「おかえりよ」
の3作品は、東日本大震災がテーマですが
歌のものがたりのなかでは直接表現されません。

新作はこのシリーズのなかで初めて
津波に襲われて2年がたった
「まち」と「わたし」が登場します。
「一緒に泣こう」の部分です。

これから少し手直しされるようですが、
もう頭の中では音楽が鳴り始めました。

そしてこれから作られる
「一緒に笑おう」のパートを終曲にして
5曲の組曲作曲をめざします。

さあ、あと1か月で
「愛する大地、その上で」が
浜松市三ヶ日町のサマーコンサートで
初演されます。
まきの木コーラスのみなさん、
そして特別部員のみなさんに命の吹き込みを
託します。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


あっという間に

2013/06/08 21:56
6月になりました。
5月から三婆の作曲にとりかかっています。

銀の会は人生の先輩たちが真剣に作り上げている舞台。
平日の日中に稽古しています。
なのでなかなか稽古に立ち会うことができません。

唯一土曜日だけ、参加できます

今日、演出から音楽のOKがでました。
でも私は全部確認ができていません。
一部の場面しか見ていないので。

でも、たぶん大丈夫だと思います。
三人の主役の「ばば」さんたちのイメージで
今回の「昭和」のコンセプトにピッタリな曲を
作りましたから。
小川寛興氏、坂田晃一氏、ハネケンさんのような
東芝日曜劇場のような音楽を作りました

いままでの綾部節を捨てて、あえて昭和をなぞってみました

どうぞお楽しみに。

銀の会「三婆」


6月28日(金)開演14:00 ・29日(土)開演14:00


札幌市教育文化会館小ホール(中央区北1西13)


大人2000円 中高生1000円


*問い合わせ 銀の会事務局(090-7643-6796)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


桜咲く

2013/05/14 23:23
写真
なかなかうまくおさめれれません。
桜がさきはじめました。

春が来たよとはなびらが
わたしにささやきかけます。

三ヶ日のみなさま。
北海道にようやく春が来たようです。

というのも
まだ寒くてコートが手放せません。

でも桜がようやく咲き始めました。

今年は冬が長かった。

だから春がこんなにまちどおしいと。


今年の「春が来たよと」とは
こんな北海道のなかなか来ない春を描いてください。
そして春の喜びをみなさんに伝えてください。
三ヶ日のみなさん。

七月の再会を楽しみにしています。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


心地よい涙

2013/05/11 23:16
昨日はご来場いただき、ありがとうございました。
作者、役者、作曲家の思いがひとつになり、
一番いい出来だったと自画自賛です。
画像









風花
生きること、死ぬこと。そこにはたくさんのやさしさと
切なさがありました。
わたしたちも、いろいろあった1年でした。
次の1歩が踏み出せるように
そんな思いで取りくんだ作品でした。

泣けました。

オフィスE.G.プロデュース公演ということもあり
おいでいただいた方だけに特別に、
台本とサントラCDをプレゼントしました。
用意したものすべて受け取っていただけました。
どうぞ、もう一度、風花を味わってください。

終わったあとはいつものように、
飲んで、飲んで、飲んで。

うちについたのは朝3時ころでした。

さあ、気持ちを切り替えて。

今日からは次の仕事に入ります。
6月28日、29日のお芝居の音楽です。
今日は稽古にでかけます。

「銀の会」という、人生の先輩たちがつくる劇団。
有吉佐和子原作の「三婆」を上演します。
その音楽を担当します。

風花 とはぜんぜん違う音楽を作ります。
いろいろな人生にかかわることができる
この仕事はやっぱりやめられません。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


3度目の、風邪をひく

2013/05/04 13:32
前回ブログとタイトルの雰囲気を似せてみました。

やっとなおったと思った風邪が、
この寒さでぶりかえしました。
弱っているのもあるのかな。

そんな中、来週に迫ったドラマリーディング
「風花〜桜の花が咲く頃に〜」
のリハーサルが行われました。
画像








熱演の女優さんの後ろでマスクをしながら
音楽オペレーターをやっております。

30分の短編舞台の台本をリーディングしていきます。

たくさんのあたたかさとせつなさがつまった作品。
音楽も繊細できらきらしています。


オフィスE.G.プロデュース公演
ドラマリーディング
「風花〜桜の花が咲くころに〜」
原作・脚本:小林祐(オフィスE.G.)
音楽:綾部潤和(オフィスE.G.)
出演:Amy  上田なおみ 宗形理恵
2013年5月10日(金)
19:30〜
カフェ喜庵(札幌市西区発寒3条6−10−28)
ワンドリンク以上の注文をお願いします。
ビールを5杯くらい飲んでもいいです(それは私か)

完成しました。
桜色のオリジナルサウンドトラック

画像







記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


幸せは、歩いてこない

2013/04/28 22:25
少し前のお話。

私の部下が結婚しました。
結婚披露宴の最後に、乾杯のあいさつをすることになりました。

人前で話すことは仕事柄 全然平気だと思っていたのですが、
大切な結婚式の締めとなる場面。
久々に緊張しました。

こんなメッセージを送りました。

みなさんは今幸せですか?
私は今、幸せです。
でも、そう思えるようになったのは最近です。
いままでは「何かいいことないかなあ」とか
「何かハッピーなこと起きないかなあ」とか
どちらかといえば幸せを「待って」いました。

でも、思い出してください。
365歩のマーチ。
「幸せは、歩いてこない」
そう。だから幸せは自分で見つけたり
自分でつくったりしなければならないことに
気が付いたのです。
だから、今は小さなことでも「幸せ」とかんじて
その幸せを積み重ねていくようにしています。

こんなメッセージでした。
幸い、お祝いに訪れたみなさんにも、
このメッセージが伝わったようです。

後日、部下からこんな話が。
「友人が、あの結婚式のメッセージを聞いて、
自分で幸せを作らなければいけないと思った。
付き合っている彼が全然結婚の話をしてくれなかった。
だから、自分から幸せになるために、
自分からプロポーズした。
そして結婚が決まった」

自分が伝えた言葉が、
ある人の幸せに導くことができた。

言葉って、不思議だな。

「幸せ」を口にすると、幸せが近づいてきます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


風花

2013/04/21 19:40
お久しぶりになりました。
体調不良は続いていますが、ようやく咳がおさまりつつあります。

だから、打合せを兼ねて、
飲んでしまいます・・・

飲みながら、急ですが、公演が決定いたしました。

オフィスE.G.プロデュース公演
ドラマリーディング
「風花〜桜の花が咲くころに〜」
原作・脚本:小林祐(オフィスE.G.)
音楽:綾部潤和(オフィスE.G.)
出演:Amy  上田なおみ 宗形理恵
2013年5月10日(金)
19:30〜
カフェ喜庵(札幌市西区発寒3条6−10−28)

30分ほどの小作品です。
桜の花が咲くころに、上演できてよかった。

わたしたち、オフィスE.G.が、
なかなか実現することができなかった
せつない物語。
ようやくかたちになります。

喜庵で打合せと読み合せをして、
懐かしナポリタンとピザともろもろ食べて、
飲んで、飲んで、飲んで。
今日の主役の朗読を聞いて、
飲んで、飲んで、飲んで。

そして、くわふじにいったわたしたち。
画像











作家と出演のみなさん。

くわふじでも
飲んで、飲んで、飲んで。
(あ、飲んでたのは私と上田なおみさんと小林祐)
ラーメンで締めてお開き。

時間がない。
今日の午後から作曲をはじめます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


体調不良

2013/04/07 20:36
kibinosatoさんの促しがあってようやくブログ更新。

3月から4月にかけて
飲み会→体調不良→改善→飲み会→体調不良
を繰り返しています。

今 絶不調。
この週末はなにもしないでずっと寝ていました。
咳がついてしまってげほげほ。
体力消耗します。
胸も痛い。

破滅的な毎日を送っている中、
新しい企画も。

オフィスE.G.の作家、作曲家が久しぶりに
タッグを組みます。

朗読劇「風花〜桜の花が咲く頃に〜」
作・小林祐
音楽・綾部潤和

まだ企画の段階ですが本はできました。
テーマ曲もできました。
詳細は近日公開できそうです。

まずは体調をもどさなきゃ。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


春を待つ

2013/03/11 22:06
kizuna311.comの
「前を向くカレンダー」
とうとう最後の日になりました。

この1年、毎日さまざまなメッセージを
眺めていたのだけれど
一番心に残っているのはこの言葉。

「人は知らず知らずのうちに
最良の人生を選択しながら
生きている。」小山薫堂

私たちは、あれから3回目の春を待つ。

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


ちえりあゆりかごコンサート

2013/03/05 18:46
お母さんと赤ちゃんのちえりあゆりかごコンサート。
本日終了いたしました。

画像の提供はちえりあさんです。

画像












なんと、過去最大の動員数でした。
ちえりあの430席ほぼ満席となりました。

本日のメニューは
ころころころ
ぽんぽんポコポコ
ぼくはきみがすき
やまださんちのてんきよほう
バスにのって
うさぎのつの
うそつきのつき
みあげるとそら(初演)
りんごがひとつ
なわとびしましょ

の10冊でした。
「うさぎのつの」は20年ぶりに歌いました。
もともとは童謡で紙芝居でやっていたものです。
このたびリメイク版を上演。
「みあげるとそら」は以前ここでもご紹介しましたね。
本日のために新作発表でした。

だっこされたたくさんの赤ちゃんたち、
楽しんでもらえたかな。

ありがとうございました。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


大雪わたり

2013/03/03 09:36
昨日は大変な嵐で北海道はとんでもない状況でした。
札幌でも午後から大嵐。

雪わたり
リベンジの日です。
この「雪わたり」は呪われているのかなあ。
前回は病気。
今回は大嵐。

でも、昨日は演者、スタッフ、みんなきちんと
集合できました。
あとはお客さん、こられるかなあ。

画像










リハーサルの写真です。
外の荒れ模様、どんどん激しくなります。

それでもたくさんの方が集まってくださいました。
2月2日に集まっていただいたみなさんも
大勢いらしてくれました。
まさに「大雪わたり」して来てくださいました。

それから、上田なおみファンクラブのみなさんが
「増殖」してました。
全国各地から集まっていました。
上田さんは本当にすごい人なのでした・・・

またまたたくさんのみなさんと出会えました。
また何かやりたいですね。


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


続きを見る

トップへ

月別リンク

歩道橋の月/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる